.

石屋さん一家の石屋ブログ

「お正月」って そもそも何なの?

2022年1月15日1:40 PM カテゴリー:お墓のミニ知識
1年のはじまり、気持ちも新たになるお正月。 一般には、「新年明けましておめでとうございます」というとおり、 新年を祝う行事ですね。本来の正月は、家に「歳神様」をお迎えして祝う行事のことをいいます。 歳神様とは祖霊神(先祖の霊魂)であり、子孫繁栄や五穀豊穣に関わる神様で、地域によって呼び方も様々です。 この神様が年の初めに家々にやってきて、その年の作物が豊かに実り、家を守って

年末年始休暇のお知らせ

2021年12月29日11:44 AM カテゴリー:ニュース
下記の期間、年末年始休みをいただきます。 12月29日~1月7日 8日から営業させていただきます。 新春のお墓参りで、お困りのことなどございましたら、ご相談ください。 職人がしっかりと対応させていただきます。 年末年始の間にぜひ、ご家族でお墓参りにお出かけください。 お墓参りは、大切な人との対話の場、家族の絆が深まる場、 自分、みんなが幸せになる習慣です。

東近江市市営霊園(能登川墓地公園)にて和墓墓石工事。真言宗にふさわしいお墓が出来上がりました。

2021年12月18日2:13 PM カテゴリー:仕事風景
ただ単にお墓といってもどんなお墓でもよいというわけではありません。 日本人として仏教を重んじている方であれば、 その宗教に合うお墓造りが必要となります。 お寺のご住職様と墓地でお話しさせていただいていると、 すでに建立されているお墓を見ては 「あ、このお墓は間違っている・・・。相談しはったらいいのになあ。」 などと、残念に感じておられます。そのように思われないた

年末やお正月は、ご家族みんなでお墓参りにお出掛け下さい。

2021年12月13日12:25 PM カテゴリー:お墓の必要理由,ブログ
お盆やお彼岸はお墓参りに行かれる方は多いと思います。 プラスアルファ、年末やお正月もぜひお墓参りにお出掛け下さい。 なぜかというと家族が揃いやすいからです。 年末年始は休暇の方も多く、家族そろって お買い物に出かけたり、お食事をしたり、 遊んだり、ゆっくりと時間を過ごします。 その時間は、リラックスして過ごせますし、 笑顔あふれる幸せな時間であると思います

滋賀県東近江市の石材店「ストーンメーソン真新聞」を発行しました。2021年12月号

2021年12月11日3:06 PM カテゴリー:ニュースレター
                                       

「御朱印」(ごしゅいん)とは?

3:06 PM カテゴリー:お墓のミニ知識
近年、お寺や神社にお参りして「御朱印」をいただくという人が増えています。 御朱印の起源については諸説あるものの、もともとは写経を奉納した証しとして お寺からいただいたものをいい、現在では初穂料や納経料を納めることで、 参拝した証しとして多くの神社やお寺でいただくことができます。 御朱印は、御朱印帳に印章・印影を押印する形が多く、 押印の他には参拝した日付や寺社名、御祭

滋賀県東近江市の石材店「ストーンメーソン真新聞」を発行しました。2021年11月号

2021年11月14日3:07 PM カテゴリー:ニュースレター
                                       

「友引」に葬儀や法要を避けるのはなぜ?

3:06 PM カテゴリー:お墓のミニ知識
「結婚式や新装開店は大安」という考え方は、現在でも根強く残っています。 もともとこの習慣は、古代中国で生まれた6種の曜で構成される「六曜」からきています。 「六曜」は、暦に記載される日時・方位の吉凶や運勢などの注記である暦注のひとつです。 「友引」の日に葬儀等を避けるようになったのは、平安時代に全盛を極めた陰陽道で「凶禍が友人に及ぶとする方角」 を「友引方」といい、それが六

東近江市市営霊園(能登川墓地公園)にて和墓墓石工事。50回忌を機にお墓を新調。大切な故人とこれからのことを考えて快適な墓石を選ばれました。

2021年11月8日2:20 PM カテゴリー:ブログ,仕事風景
生まれてすぐに子供さんを亡くされたお客様。 お子様を亡くされたということで今まではお地蔵様に守ってもらい供養されていました。 先日、50回忌を迎えられ、大切な我が子の為と これからの自分たちや子孫のことを考えてお墓づくりをなさいました。   施工前 西方浄土である西を向いて礼拝できるように設置してありました。 霊園規則があるので、墓石建立の際に通




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090