.

石屋さん一家の石屋ブログ

滋賀県日野町の地域墓地にて洋型墓石工事。全骨収骨に対応した規格洋墓

2021年8月13日10:40 AM カテゴリー:仕事風景,滋賀県内の墓石工事例などのまとめ
規格洋墓という言葉があるのかわかりませんが、 洋墓が出始めたころの形(オルガン型)には、 おおよその規格寸法があるように感じています。 今回のお客様は、こんな感じのお墓が良い!という想いを強く持っておられ、 御見積石種の選定やお墓の形、大きさ等スムーズに進んでいきました。 おそらく事前に、いろんなお墓を見たり、家族と話したり、 故人のことを想ったりして具体的にこ

滋賀県東近江市(能登川地区)の寺院墓地にて墓石撤去工事。お寺様の今後の管理が楽になるよう防草対策を施し更地にしました。

諸事情によりお墓の撤去工事のご依頼いただきました。ありがとうございます。 では、ビフォーアフターとご依頼の内容などを見ていきましょう。     墓石撤去工事の施工前、施工後 ※左は施工前、右は施工後     石材店の仕事はコミュニケーションが大事! 石材店の仕事はコミュニケーションが大事です。 店主は内気な性格

滋賀県で納骨をされる方。東近江市にある当店は「墓石納骨サポート」を行っています。

お墓に御骨を納める納骨式。 お客様にとっては、あまり慣れない儀式であり不安という方もおられます。 また、 「お墓のどこから納骨するのかわからない・・・。」 「納骨する際に蓋石を動かすことができるかしら・・・。」 このような不安をお持ちの方もおられます。 当店では、納骨を安心して行っていただけるように「納骨サポート」を行っています。   ストーン

滋賀県東近江市(能登川地区)の地域墓地にて墓石クリーニング。現場でしか知りえない情報によって建立当時の仕上がりとなりました。

O家墓石の墓誌への戒名(浄土真宗では法名)彫刻をご依頼の際に お墓のクリーニング等のお仕事もご依頼いただきました。ありがとうございます。 では、ビフォーアフターとご依頼の内容などを見ていきましょう。     墓石クリーニングの施工前、施工後   施工後の写真に①から⑥までの番号を振ってあります。 お客様や当店のご依頼やご

滋賀県東近江市市営霊園にて和墓墓石工事。福島県から産出される滝根御影を使用しました。

2021年6月9日4:14 PM カテゴリー:仕事風景,滋賀県内の墓石工事例などのまとめ
お墓の素材というと石材です。 どの素材を使うかは、お客様にとっても石材店にとっても 重要な事柄です。 今回はこのような石材を提案させていただきました。     愛媛県産大島石 大島石は、愛媛県から産出される石材で、古くは江戸時代から産出が開始されました。 大島石は、昔ながらのお墓の美しい青味があり、その青味は色褪せることなく、

滋賀県東近江市(能登川地区)の地域墓地にて墓石修復工事。墓石の傾き、洗浄、お墓参りを快適にしました!

東近江市(能登川地区)の地域墓地にて墓石修復工事を行いました。 ありがとうございます。 この墓地の特徴は、通路が狭い・・・。一輪車しか入りません。 何とか考えて石や材料を搬入して完成しました。ではご覧ください。   工事前のお墓の状況 写真を見ていただくと一目瞭然です。 お墓が斜めに傾いています。また、草がたくさん生えています。 お手入れが

滋賀県東近江市市営霊園にて和墓墓石工事。立って礼拝できるお墓。お客様のご希望にお応えしました。

2021年3月28日4:27 PM カテゴリー:仕事風景,滋賀県内の墓石工事例などのまとめ
「立ってお墓参りできるようにしたい。」 これがお客様のご希望でした。 20代の時に滋賀県東近江市に拠点を移されたお客様。 故郷のお墓は、立って拝めるような大きなお墓だったとのこと。 そのご希望に添えるように、設計させていただきました。     設計の上での問題点 立って拝むとなると、日本人の背丈より高いお墓を作る必要があります。 し

滋賀県東近江市にある当店が、春のお彼岸前によくご依頼のあるお墓の困ったの例。

毎年、春のお彼岸前によくご依頼のあるお墓の困ったがあります。 それは、 ローソクの火がすぐ消える・・・。 お墓の汚れがとれない・・・。 お花がしっかりと生けられない・・・。 です。 あと、最近ではこのようなご依頼も増えてきました。 お参りに行けないので、何とかしてほしい・・・。 です。ようはお墓参り代行です。   お彼岸のお参り

滋賀県東近江市のお墓の赤文字。なぜ名前に赤を塗ることがあるの?

お墓の赤文字。石材店からしたら、当たり前のことですが、 一般の方からしたら、わからなくて当然です。 では、なぜ名前を赤くするのか、ご説明いたします。   名前を赤く塗るのは、存命の人と亡くなった人を区別するためです。 墓地や霊園のお墓には、建てられた人の名前や戒名・法名に赤字が使われている場合があります。 赤く塗られたお名前の方は現在生きておられる証で

手頃で性質抜群の黒緑系のインド産石材「M10」。滋賀県での墓石建立事例が増加しています。

2021年1月10日10:33 AM カテゴリー:滋賀県内の墓石工事例などのまとめ,石材紹介
関西では、墓石材として一般的ではなかった黒系の石。 近年では、洋墓やデザイン墓の需要増によって、少しずつ黒系の石が使われるようになりました。 黒いお墓が縁起が悪いのでは!?といわれる方もおられますが、 石材店がしっかりと説明することで、黒系の石材が少しずつ浸透してきているのかもしれません。 当店のブログでも、このことに関して記事にしています。ご覧ください。 滋賀県で黒




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090