.

東近江市市営霊園(能登川墓地公園)にて和墓墓石工事。真言宗にふさわしいお墓が出来上がりました。

ただ単にお墓といってもどんなお墓でもよいというわけではありません。

日本人として仏教を重んじている方であれば、

その宗教に合うお墓造りが必要となります。

お寺のご住職様と墓地でお話しさせていただいていると、

すでに建立されているお墓を見ては

「あ、このお墓は間違っている・・・。相談しはったらいいのになあ。」

などと、残念に感じておられます。そのように思われないためには、

お寺様に相談したり、ちゃんとした石材店にアドバイスをもらう必要があります。

今回は東近江市市営霊園(能登川墓地公園)にて、真言宗のお墓を建てさせていただきました。

ありがとうございます。

 

 

施工前



家の先々を見越して墓地を確保されておられました。

管理が楽になるように防草シートを敷かれていましたが、

長い年月により端から力強い草が生えてきています。

しっかりと草の根を除去し工事を進めてまいります。

墓地の規約により、決められた大きさで、

お墓本体、霊標(墓誌)、塔婆立を造っていきます。

 

 

真言宗としてふさわしいお墓にするには。

 

墓石の正面に刻むふさわしい文字

・南無大姉遍照金剛

・〇〇家之墓

・先祖代々之墓

※〇〇家之墓や先祖代々之墓とする場合は、注意が必要です。

お墓は仏様を拝むので、対象となる印が必要なのです。

〇〇家之墓や先祖代々之墓のままでは、簡単にいうと

表札のようなものです。

この場合は、真言宗の本尊である大日如来の種子である梵字「ア」を

上部に刻む必要があります。

 

なぜ梵字「ア」を刻むのか。

梵字「ア」は大日如来を表します。

この字を刻むのは、大いなる生命の根源である大日如来より

生命をいただいて私たちはこの世に生まれ、

再び大日如来の曼陀羅の浄土へ還る、ということを意味しています。

仏塔にするため、また、故人の成仏のため、

この梵字「ア」を刻むのです。

 

 

工事内容

工事の内容は、下記をご覧ください。

当店では、先代から引き継いだ伝統的な工法や、

業界団体での研修で知りえた工法等を組み合わせて丈夫なお墓づくりをしています。

また、当店独自の定期点検によって知りえた情報をもとに、少しずつ進化しています。

滋賀県の石材施工技能士資格を有している石材店のメリットとは。

滋賀県東近江市の石材店「ストーンメーソン真」の、丈夫なお墓づくり。その1

滋賀県東近江市の石材店「ストーンメーソン真」の、丈夫なお墓づくり。その2

滋賀県東近江市の石材店「ストーンメーソン真」の、丈夫なお墓づくり。その3

 

 

完成



地域性の為、正面字は〇〇家之墓を選択されました。

上部にはしっかりと、梵字「ア」を彫刻しました。

如来様の神々しさを表現するために金を入れています。

濃い色の石を選ばれたので、見た目にも重みが出て、

全体的にどっしりとしたお墓を完成することができました。

足を踏み入れる入口には、一般的な滑り止めではなく、

さりげなく模様をかたどったものを使用し、オリジナル感を出しています。

これからも永代にわたり、家を守っていってもらえると思います。

この度は、ありがとうございました。





ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090