.

丈夫なお墓づくり。その1

丈夫なお墓づくりの最初は、墓石の土台となる基礎工事。

基礎工事は、石材店によって千差万別。

また、地域によっても違います。

しかし、この地域には、この地域に合った基礎工事を行います。

当店のこの基礎工事の仕様になったのは、

先代から教え伝えられた方法プラス、無料点検で知り得た情報を分析して、

この方法を採るようになりました。

また、無料点検は毎年していますので、何か気づくことがあれば、さらに進化していきます。

この結果、当地域には、この基礎工事が一番良いと考えています。

(標準工事です。もし、さらに地盤が悪ければ、追加作業を致します。)

 

丈夫なお墓造りのための基礎工事

①工事前。



 

②敷地を掘削。



約30㎝掘削します。なぜ、30cmなのか?

強固な地盤を作るためです。

この地域では、だいたいの石材店さんは、約10㎝のコンクリートを打設します。

当店も約10㎝の生コンを打設します。同じです。

しかし、その下の地盤が弱いと、コンクリートごと傾いてしまうのです。

それを防ぐには、コンクリートの下の土も改良しなくてはいけません。

だから、30㎝掘る必要があるのです。

また、(一社)日本石材産協業界のテキストにもこの工法が掲載されています。

実は、約30㎝掘って行う基礎工事は、石材店にとって当たり前ではないのです。

お墓の丈夫さを大切に考えておられる石材店さんは、このように基礎工事されています。

当店としては、先代からの教え、点検の結果を反映してこの基礎工事を行っています。

 

③栗石を敷き詰める。



なぜ栗石を敷き詰めるのか?

強固な地盤を作るためです。石は硬いので、その硬さゆえ、

石が圧縮されることはありません。

また、栗石は、極力大きなものを使います。

大きな石だと、土と接触する面積も大きく、面で支えることができると考えるからです。

サーフィンと同じ原理です。

小さなサーフィンだと、その上に立つのは、難しいですが、

大きなサーフィンだと、安定感が出るので、立ちやすいんです。

また、当然大きなサーフィンの方が、水に対する接地面が大きいので、

水に沈むことなく立つことができます。

この大きな栗石が、この原理を使って、より強固な地盤を作ってくれるのです。

 

④砕石を敷均し、ランマーで転圧。



大きな栗石が動かないように、砕石を敷き詰めます。

下が動くということは、いずれベース(基礎)に狂いが生じてしまいます。

砕石の敷詰めは、大切な工程です。

そして、ランマー(写真左のオレンジ色の機械)にて転圧。

栗石と砕石をしっかりつき固めて、動かない丈夫な地盤を作ります。

 

⑤コンクリート打設。



必ず鉄筋を入れて生コンを打設します。

コンクリートは引っ張られる力に弱いので、

必ず鉄筋を入れて強度を増すことが重要です。

鉄筋がないのは、骨がないのと同じです。

 

実はお客様には一切見えないこの基礎工事。

この工事がほんとうに重要なのです。

見た目が全く同じでも、石材店によって見積価格が違う。

高い方の石材店は、多く利益をとっているのか?

そうではなく、基礎工事等に違いがあるのかもしれません。

 

お墓の形や見積価格だけでなく、工事の内容も第一に考えて、

選ぶ必要があるんです。工事の違いは数年後にじわじわと現れてきます。

 

先祖代々継いでいくお墓。

大切なものですので、丈夫なお墓を建てていただきたいと思います。

 

 

記:石井 眞澄




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090