.

東近江市市営霊園(能登川墓地公園)にて和墓墓石工事。50回忌を機にお墓を新調。大切な故人とこれからのことを考えて快適な墓石を選ばれました。

生まれてすぐに子供さんを亡くされたお客様。

お子様を亡くされたということで今まではお地蔵様に守ってもらい供養されていました。

先日、50回忌を迎えられ、大切な我が子の為と

これからの自分たちや子孫のことを考えてお墓づくりをなさいました。

 

施工前



西方浄土である西を向いて礼拝できるように設置してありました。

霊園規則があるので、墓石建立の際に通路に対して直角に建てるように向きを変更します。

 

 

お客様が大切にされたこと。

・大切な我が子(故人)が快適にすごせるように。

・今後の自分たちもこのお墓で快適にすごせるように。

・将来の子孫もこのお墓で快適にすごせるように。

・自然に還れるように。(生まれ変われるように。)

昔と違い、生活が豊かになった今、

第二の家であるお墓でもご先祖様や大切な故人に

快適に過ごしてほしい、または自分もいずれは快適に過ごしたいと思うものです。

 

 

第2の家(お墓)で快適に過ごせるようにする墓石とは。

当店では、納骨室に換気口を設けて、密閉状態にならないようにしています。

従来の構造では、密閉状態で湿度の高いジメジメした空間になっています。

また、状況によっては、納骨室が水没している場合もあります。

その状態を改善するために、当店では、

・広い納骨室を採用。

・換気口を設置。

・地上納骨型を採用。

・納骨室は、土で仕上る。

上記のようにしています。

 

・広い納骨室を採用。

湿度を下げるためです。しかし下のようなメリットがついてきました!

1,御骨をたくさん納めることができる。

2,ご先祖様や故人、いずれは自分が広々と過ごすことができる。

 

・換気口を設置。

湿度を下げるためです。換気口を付けるのと付けないのでは大きな差が出ます。

 

・地上納骨型を採用。

ご先祖様や故人の水没を防ぎます。

 

・納骨室は、土で仕上る。

自然に還れるようにと納骨室は土で仕上げています。

生まれ変われるように願いを込めて。

 

 

完成



納骨室の中はプライベートな空間ですのでご紹介することはできませんが、

綺麗な空間に仕上げています。

法名碑も見やすいところに設置することで、ルーツや大切な故人の名前や存在を感じることができます。

※プライバシー保護のため、一部写真を編集しています。

 

 

工事内容

当店の工事内容は、下記をご覧ください。工事の内容や状況によって違いはありますが、

おおよそはどのお客様も同じ工程を行います。

滋賀県の石材施工技能士資格を有している石材店のメリットとは。

滋賀県東近江市の石材店「ストーンメーソン真」の、丈夫なお墓づくり。その1

滋賀県東近江市の石材店「ストーンメーソン真」の、丈夫なお墓づくり。その2

滋賀県東近江市の石材店「ストーンメーソン真」の、丈夫なお墓づくり。その3

 

 

これからも良いお墓参りをなさってください。ありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。





ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090