.

滋賀のお墓の除草対策。その1墓地内コンクリート打設+玉砂利敷き詰め仕上。

これからのお墓参りで、最も多い悩み事。

そう、草むしりです。暑い日の墓地での草むしりは、体に負担がかかります。

また、最近の高い気温では、熱中症の心配も考えられます。

その負担をなくすために、また、

安全に気持ちよくお墓参りできるように、

お墓の除草対策をご依頼されることがよくあります。

 

除草対策にもいろいろ種類があります。(当店のよく使う手法は計5種類。)

ただ、除草できれば、何でもよいというわけではございません。

墓地の環境によっては、安全ではなかったり、

見栄えが悪くなってしまう場合もあります。

しっかりと石材店の説明を聞き、選んでいただく必要があります。

当店のよく使う手法をご紹介したいと思います。

 

墓地内コンクリート打設+玉砂利敷き詰め仕上

この手法は、滋賀の石材店では、一般的なものではないでしょうか。(地域性はあります。)

下の写真のように、墓地の区画内にコンクリートを打設し、

乾いてから、玉砂利を撒いて仕上げます。

当店では、配筋し、コンクリートを約10㎝程度打設します。

打設する厚みやその前の重要な作業は、各石材店によって様々です。

厚みが薄かったり、配筋してないと長持ちしません。

 コンクリート打設

玉砂利敷き詰め

メリット

・当店の除草対策の中では、一番リーズナブル。¥14,040(税込)~ 詳しくはこちら

・玉砂利仕上は一般的なので、見栄え等安心感がある。

・雨の日等、墓地内を歩くとき、安全。玉砂利なので滑ることはない。

・メンテナンス費用もリーズナブル。

・玉砂利の種類が豊富。

デメリット

・空気抜き、水抜きの穴から、草が生える可能性がある。(上記写真の4か所)

・玉砂利が数年経つと汚れる。

・玉砂利のこぼれにより、玉砂利が減少していく。(長いスパンでみると。)

・山の中の墓地などは、掃除がたいへん。

・飛んできた草の種の影響で、年月が経てば、少し草が生える。(簡単に抜ける小さな草程度。)

 

まとめ

効果的にリーズナブルに除草対策するには、この墓地内コンクリート打設+玉砂利敷き詰め仕上が最適です

見栄えは、周りによくあるお墓と何ら変わりません。

玉砂利を交換したり、追加するのもそんなに費用がかからず、経済的です。

ホームセンターの砂利で良いのであれば、セルフですることもできます。

ちいさな草が生えることがありますが、お年寄りでも簡単に抜ける程度のものです。

どの程度のレベルまで除草対策したいのか、考えたうえで石材店とご相談ください。

また、安全性も重要な項目です。よくお考えいただけたらと思います。




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090