.

日本の石で1,2の石質を持つ「天山石」の和型墓石を展示しました。

以前にもご紹介した「天山石」

大島石と同様、お勧めしたい石種の一つであります。

天山石の特徴は、下のブログをご覧ください。

日本の石で1,2の石質を持つ「天山石」。

 

正真正銘の天山石です。

正真正銘!?って思われるかもしれませんが、

天山石は少し紛らわしいのです。

天山石は、天山石材㈱さん、㈲田中直美石材さんが採石している石を言います。

しかし、天山石の近くから採れる「七山御影」「富士御影」も

天山石として販売されていることもあります。

「七山御影」も「富士御影」も天山石と似ていますが、色の濃さが違います。

また価格は、天山石と比べるとリースナブルです。

おそらく、販売目的でこのようなことが行われているのだと思うのですが、

お客様からすると、納得のいかないことだと私は思います。

ですので、当店は「天山石」「七山御影」「富士御影」をしっかりと分けて販売しています。

正規取扱店から卸していただき、証明書も付いています。

 

※「七山御影」「富士御影」が墓石に適していない石というわけではありません。

お間違えなく。当店としても「七山御影」「富士御影」の施工実績もあります。

石も自分の名前で、ちゃんと呼んでほしいと思うので、このようにしました。


展示品の特徴

広々!快適!ゆったりと安らげる納骨室!

納骨室は、従来の地下納骨ではなく、地上納骨型にしました。
地上納骨型にしたことで、納骨スペースは、格段に広くなり、
また、大切な納骨室が水没するということはありませんし、
湿度も従来の部屋よりは改善されますし、さらに換気口を設けたので、
さらにジメジメを対策しました。
広くなった分、ゆったり広々快適に安らげる空間となりました。
こちらのブログもご覧ください。
お墓の納骨室は地下?地上?当店で地上式納骨が増えている理由とポイント

 

従来の同様サイズより背が高くなりました!

展示品は、滋賀県東近江市(能登川地区)で比較的よく建てられる

9寸角で作成しました。

しかし、従来の9寸角より背が高く、スマートな仕上がりになっています。

納骨室を快適に設計した結果、こんな良いことも付いてきました(^^)

さらに、天山石は濃い色をしているので、どっしり感満載です。

 

当店展示品、天山石特級(紺碧)の展示写真



当店の展示場の都合上、ガラス越しの写真となり、見えにくい写真となっています。

すいません。

しかし、実物は本当に間違いのないものであり、石も調子の良い時(旬の時)に仕入れた逸品です!

ぜひ、ご来店いただき、実物を見ていただければ幸いです!

お待ちしております。

 

 




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090