.

お墓の花立が割れて使えない・・・を解決。(滋賀県東近江市にて)

お墓の花立が割れて使えない・・・。
お墓参りから即ご来店いただきました。ありがとうございます。

どのような状況なのか?

どのような状況のことかというと、



お分かりいただけたでしょうか?
左側の花立はぱっくり割れています!右側も大きくひびが入っています。
こうなると花立として機能していませんし、見た目も悪くなります。

 

 

どうして割れてしまったの?

割れた原因はお客様の不注意でもありませんし、誰かのいたずらでもありません。
動物が割ったわけでもありませんし、動物には割ることはできません。
ではなぜなのでしょうか?
自然の力です。一昔前のお墓は花立石に直接、水を入れてお花をお供えしていました。
冬になるとその水は凍って膨張します。その力で石にひびが入り、それを繰り返し年々ひびが広がり割れるという原理です。
石の質や状況下等により今も割れずに使えるものもありますが、多くの昔のお墓はこのようになり修理や交換の依頼があります。
似たような記事を以前に書きましたので、下記もご覧ください。
お墓の花筒がない!!を解決!!また花立が傷まないように重要な加工をしました!!

 

 

どのようにして修繕するのか?

このような状況ですと、花立石を交換ということになります。
時折、かけらを接着して修繕しているお墓もありますが、早い段階で水漏れが発生します。また、見た目もあまりよくはありません。
花立石を交換することで、ステンレス製の花筒を設けることができるので、水の入れ替えも簡単ですしお手入れも簡単です。
見た目もきれいになり衛生的になります。
石の種類はお墓本体に合わせることが基本です。
今回の写真のお墓は岡山県産の万成石でしたので、同じように万成石で花立石を作成しました。

 

 

完成



一目瞭然で良くなったことがお分かりいただけると思います。
この際にローソク立を取り付けさせていただきました。
風で火が消えにくい仕様になっていますので、さらにお墓参りが快適になります。
この度は、ご依頼ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。





ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090