.

お墓の花筒がない!!を解決!!また花立が傷まないように重要な加工をしました!!

昔ながらのお墓や昭和中期以前に建てられたお墓には、

花筒がなく、そのままで花を供えられていることが良く見うけられます。

花筒とはこれです。

imgrc0066975589

現在は、錆びないステンレス製のものが主流ですが、

樹脂製のものもあります。

また、大きさも長さも様々あります。

 

こちらのお客様も花筒がなく、困っておられました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

花立の石の穴に直接、花を供えられていました。

なぜ困るか?

・水が腐って異臭がする。

花立は倒れないよう固定してありました。当然、水を入れ替えたり、洗うことができません。

・簡単に洗うことができない。

水を溢れさせて、水を縦貫させる程度しかできません。

お客様は気づいておられませんが、もう一つ困ることがあります。

・石が変色していることです。

水が簡単に替えられないため、汚い水を石が吸って変色しています。

 

今回、花筒の注文をいただきました。ありがとうございます。

ステンレスの花筒を使うことによって、

簡単に掃除することができ、清潔に保つことができるので、

以前ほどの異臭は発生しなくなると思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただ、今回、これだけでは終われません。

花筒にとっても、石にとっても重要な加工が必要です。

それはこれです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私の指先に穴が開いているのが、わかりますでしょうか?

以前は、花立の(上)穴に水を溜めるために、この(指先の)穴はあいてませんでした。

今回は、ステンレス製の花筒を使って、花を供えるので、

花立の(上)穴に水がたまってはダメなのです。※水があると、ステンレスの花筒が水の浮力によって浮いてしまいます。

 

この(指先の)穴、もう一つ重要な役割をしています。

石の損傷を防ぐための穴です。

この穴がないと、このようになってしまうおそれがあります。

rc-001-21

これは、穴の水が凍って膨張し、このようになってしまいました。

何時このようになるかは、わかりません。石次第です。

こうならないために、あの(指先の)穴が必要なのです。

 

快適なお墓にして、幸せなお墓参りをしていただきたいと思います。

 

 

記:石井 眞澄




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090