.

ただ単に石といっても・・・。

こんばんは今日はむし暑い一日となりました[E:coldsweats02]

午前中は蒲生のお寺へ行って、仕事の打ち合わせに行きました

花立が壊れたということなので、新たに取り付けてほしいという依頼でした

部品が入り次第、工事を進めたいと思います

午後は、お家の犬走り工事の材料搬入や墓地の通路に砂利をまいたりと

細かい仕事をしてまわりましたありがとうございます

今日は石について、書きたいと思います

少しマニアックな[E:sign02]眠たくなるような話だと思います。ごかんべんを[E:bearing]

石といってもいろんな種類があります。お墓に一般的に使われているのは、

花崗岩、安山岩なのですが、花崗岩、安山岩の中にもいろいろ種類があります。

近年は、貿易が活発ですので、外国の石もどんどん日本に入っています。

その種類は、百数種類・・・、もしかしたらもっとあるかも・・・

お墓に使用する石材は、その中から性質の良いものを使ったり、各地域地域から

産出される石を使われているのが、一般的ではないかと思います。

しかし、石はもっと深い[E:dash]

前回ブログに載せた当店の展示品となる「大島石」を例にあげると・・・・

ただ単に大島石といっても、また種類があります

大島石を産出している業者さんがたくさんあります。

大島石を産出されている業者さんごとに違うのです

ここまでくると一般の方には判別しにくいものになってきます。

石の目に細かさ、色目等を見て判別していくことになります。

そういう判断等をして、特級品、1級品、2等品・・・・等あります。

まださらに、特級品の採れ口の業者さんでも、石の状態が良い時期、悪い時期

があります。当然です。

石は自然のものですから、工業製品のように常に良いものが出てくるものではありません。

・・・・・・

このようにただ石といっても、種類がものすごく多く、奥の深いものなんです。

・・・・・眠たい話ではないですか[E:sign02]眠くなったら申し訳ございません。

私がお伝えしたかったのは、そういう風に石の状態が良い時悪い時があるものですので、

私は、常に石の状態を気にしております。そういう情報を聞けるのは、

産出されている業者さんや加工石屋さん等なので、いろいろと話をします。

そういう情報から、前回のブログの大島石の展示品を注文しました

本当に目の細かい、きれいな石です。性質も大島石は抜群です。

もうこの石は残り少なくなってきたそうです。なんでもそうですが、

良いものは、やはり早くなくなっていきます。

展示品が当店に入ってきましたら、また報告させていただきます。

当店に展示しましたら、一度見に来ていただけたら、幸いです

・・・・・(今日は写真がない・・・)すいません。




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090