.

「ショック!お墓参りに行ったら供養箱のガラスが割れてる。」を解決。原因究明と修繕し、今後のアドバイスをさせていただきました。

最近のお墓は、昔のお墓に比べるとお手入れのしやすい仕様になっています。

表題にもあるように供養箱付のお墓も目にするようになりました。

供養箱とはこのようなものです。

 

 

供養箱とは。



錆びないステンレス製で、線香の灰やローソクのロウでお墓が汚れるのを防ぎます。

また、風除け雨除けにもなっているので、火が消えて困るということはありません。

 

 

お客様のお困り事例

お客様からご一報が入りました。

「お墓参りに行ったら、ガラスが割れているんです・・・。

何で割れてるんでしょう?少しショックで・・・。

このようなことってよくあるのでしょうか?」

すぐにお墓を見に行きました。

このような状態でした。



確かに左側の扉のガラスにひびが入っています。ガラスの固定をゆるめるとぱかっと割れると思います。

 

 

原因究明。

原因は、お墓を見るとよくわかりました。上の写真にも手掛かりはあるのですが、



赤〇の部分を見ていただくと、焦げているのです。

何らかの熱によって、割れたと考えられます。

その原因は、お線香、もしくは、ローソクです。

線香の量の多さが気になりますし、線香がガラスに近すぎたのかもしれません。

また、ローソクのロウが割れたガラスのすぐそばに落ちていました。

ということは、ローソクが倒れてガラスを火であぶる状態になり割れたとも考えられます。

また、線香の熱がローソクに影響し、ローソクが倒れ、割れたとも考えられます。

このように、上記が原因で割れてしまいました。

 

 

供養箱のガラスの修繕。

「高くつくのでは!!」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません!

このガラスの修繕、お菓子を買うのと同じくらいの価格です!当店ではこのガラス1枚330円(税込)

しかも、取外し、取付簡単なんです!

しかも、道具は何一つ必要ありません!

しかも、ガラスをしっかりと固定でき安心です!

お客様の手で、楽に安全に、直していただけます。

 

自分で直せるお墓っていいと思いませんか。

石は重たく硬いものなので、一般の方がお墓の修理ができる部分はあまりないのですが、

自分で直せる部分があるお墓っていいな!と感じました。

家族が直してくれる、看病しててくれるみたいで、

仏様やご先祖様もとても喜んでおられると思います。



※供養箱ガラス修繕後の写真

 

 

今後のアドバイス。

原因は、お線香とローソクですので、その供え方をアドバイスさせていただきました。

お線香の本数は、宗派にもよりますが、一人1本から3本です。

お線香の煙は、仏様の食べ物ともいわれます。たくさんお供えしたい気持ちもわかりますが、

仏様も適量が最適なんです。

また、お線香の量が多いと、場合によってはその熱でお墓(石)を傷めてしまう可能性もあります。

その点に気を付けて、お墓参りをなさってください。

また、ガラスが割れた時のローソクは少し長かったのかもしれません。

もう少し短いローソクにすれば、倒れにくくなるでしょうし、しっかりとローソク立の芯に刺して、

倒れないようにしてみてください。

 

 

お客様にとっては、ショックだったと思います。

しかし、原因が分かったこと、直ったことで安心されました。

困ったことで当店にご連絡いただいたこと、本当に嬉しかったですし、

お墓参りによく行かれていることも聞けて嬉しかったです。

これからも良いお墓参りをなさってください。

今後とも、よろしくお願い致します。

 

 

お墓でお困りの方はこちらのページもご覧ください。

墓石設立

墓誌設立

戒名、法名彫刻

墓石移転、撤去

墓石リフォーム

お墓参り代行

VRお墓参り代行

ペット墓





ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090