.

お香の香りと煙が、故人との対話をイメージさせます。デザイン洋墓「凛香」。

和墓と違い、洋墓やデザイン墓はには数々のカタチのお墓が存在します。

全てをオーダーメイドで作る独創的なお墓もありますが、

いざ、思い入れの形をと思っても、イメージが浮かんでこない方もたくさんいます。

実際に建っているデザイン墓、洋墓のほとんどは、石材店が展示しているもの、

カタログなどを見て、この形がいい!と決められたお墓です。

当店では、お墓のカタチにコンセプトがあるものをお勧めしています。

今回紹介するのが、「凛香」です。

では、どのようなお墓なのか見ていきましょう。

 

 

「凛香」のカタチ



 

 

「凛香」の特徴

 

1、炎型の香炉が供養の始まりをイメージさせます。



聖火・献灯をイメージした香炉のデザインとなっています。

お墓参りの時に、ローソクに火を灯します。なぜ灯すのかというと、

仏教では、火は神聖なものとして扱われています。

火を灯すことによって、不浄なものを浄める役割と、

お墓参りに来た人々のお顔を明るく照らし、ご先祖様や故人に姿を良く見せる役割があります。

そんな大事な炎の役割をデザインに採用されています。

対面できたところで、供養(コミュニケーション)の始まりです。

 

2、香りを目で感じる香炉上部のスリット。



炎型の香炉の上部にスリット(切込)があります。

このスリットが煙を集め、立ち上がる煙が見えることで

香りの広がりを感じることができます。

また、お線香の香りにも、

その場を浄める役割や仏様へのお供え物(食べ物)の役割があります。

 

3、煙が故人との対話をイメージさせます。



煙の方向の変化が、故人との対話をイメージさせます。

ゆらゆらおだやかに上に上がる煙は、静かに話を聞いていてくれるような。

手前に流れる煙は、故人が話しかけてくれているような。

 

 

「凛香」の石種バリエーションの一例



 

 

「凛香」の碑面彫刻例



滋賀県や東近江市に合った彫刻をアドバイスさせていただきます。

文字は何でも良いというわけではありません。お気軽にご相談ください。

 

 

何気なくしていたお墓への線香のお供えが、印象に残るお供えに変わるお墓です。

当店もこのコンセプト、すごいなあと感じています。

ご興味がお有りの方は、ぜひお問い合わせください。





aストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090