.

東近江市(永源寺地区)の地域墓地にて。「お墓の囲い(石積)がボロボロ…」を解決。その地域に調和した墓石リフォーム例です。

「お墓の囲いの石積がボロボロなんです。一度見てもらえませんか?」

とU様からご連絡いただきました。

お墓を見させてもらうと



確かにボロボロです。古くからある町で、近くに山や川がある地域ですので、

代々、家の方が石を積んで、お墓の囲いにされたのだと思います。

しかし、長い年月と使用によって、どんどん崩れてきたのだと思われます。

しかし、今となってはその石積みを修復するにも一般の方ではたいへんです。

今後のことを考えて、崩れないものにしたいというご希望でした。

 

当店としての提案

今後崩れないように、現代風に大きな長い石材で外柵(巻石)を作ることを提案いたしました。

もちろん耐震ボンドや金具等を使って、丈夫にします。

据え付ける石材(部材)も少なくなるので、トータル的な費用は、

積み直す場合と大きく差が出るわけではありません。

しかも、きれいに切った石なので、今より掃除が楽になります。

 

 

便利や見映えでは決められない。その地に調和したものを選ぶ必要がある。

「良いものだから、これにしよう!」では決められない場合もあります。

地域地域によって特性があります。

この地区の霊園は、昔からの土葬の墓地と現代のお墓の墓地と二つあります。

上記の写真は、土葬の墓地で、

この土葬の墓地は、現代のお墓の墓地よりも立派にしてはいけないという

しきたりみたいなものがあるようです。

実際にまわりには、当店が提案したような囲い(巻石)は一つもありませんでした。

1区画だけ板石で囲われたものがありました。

「まわりに調和したものにしたい。」というU様の気持ちで、

当店もそれと同じ仕様でリフォームすることに決まりました。

 

 

完成

ノミ切の板石を立ててきれいに並べて囲いにしています。

耐久的には、現代の囲い(巻石)よりどうしても劣ってしまいますが、

少しでも狂いが少なくなるように、板石の半分は地中に埋まっています。

また、セメントなどでしっかりと固定しました。

区画の中は、「五色」の玉砂利を敷いて綺麗にし、

お墓それぞれにお供物が置けるように、台を設けました。

快適にお墓参りをしていただけると思います。

ご先祖様もお喜びだと思います。

U様、この度はありがとうございました。





ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090