.

戒名・法名・法号の違いとは?

仏式のお墓には、生前の名前とは別に戒名等を刻みます。

戒名とは、仏の弟子になった証しとして与えられる仏名のことです。

本来は、五戒・十戒と呼ばれる仏教の厳しい戒律を守った人にのみ授けられる、

出家した人のための名前でした。

しかし現在は、仏式の葬儀を行う人であれば、戒名をつけてもらうことができます。

ただし、浄土真宗や日蓮宗では、「修業を積まなくても、念仏や題目を称える(唱える)ことで救われる」

という教えですので、「戒律」がありません。そのため「戒名」もありません。

代わりに、戒名と近い意味で、浄土真宗では「法名」、日蓮宗では「法号」という名前が与えられます。





aストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090