.

滋賀県長浜市から東近江市へお墓のお引越し。お墓の断捨離で上手に収めることができました!

東近江市の市営墓地を使用できるようになったため、

故郷である滋賀県長浜市(余呉地区)にある墓石を、

市営墓地に引っ越ししたいというご依頼をいただきました。

ありがとうございます。

やはり供養するお客様としては、お墓が近くにあることは、

便利でもありますし、安心でもあります。

何かあった時に、すぐに報告しに行ける、話に行ける、会いに行ける

環境にお墓があるのは、大変良いことだと思います。

 

引っ越し前の長浜市にあるお墓の様子



他社の石材店様で平成17年頃に建てられた墓石です。

 

滋賀県の平成17年頃施工の墓石工事の特徴

・耐震ボンドを使用している石材店さんが多い。

・ボンドの使用量は、石材店さんによって様々。

・墓石の下は、がっちりと基礎工事をされていることが多い。

 

この墓石はどうだったのか。

今回のこの墓石にも使用されていました。

このボンド、はがすのが大変なのです!ものすごい接着力です!

まあ、耐震用なので、強力であって当然なのですが・・・。

しかも、今回はこの墓石を引っ越しですので、墓石を傷めることなく、

ボンドをはがし、解体していかなければなりません。

時間はかかりますが、慎重に作業していきます。

なんとか無事に解体することができましたが、墓石の下には、

厚み12センチものコンクリート基礎がありました。

また、鉄筋が入っていたので、さらに時間はかかります。

区画を壊すことなく基礎ベースを解体するには、時間がかかるのです。

石材店として、まわりに注意しながら、工事を進めていくことは、当たり前です。

 

※注意事項

しかし、価格の安さだけを追求して他社様にご依頼された場合、

なかには、様々な配慮に欠けた仕事をされた事例が実際にあるようです。

皆様も、お気を付けいただきたいと思います。

 

施工後



墓石や玉砂利、基礎ベースなど、しっかりと撤去し、

まわりの空き区画と同じように、砕石で仕上げました。

次の方に気持ちよく使っていただけると思います。

 

引っ越し先の東近江市での墓石引越し工事

 

今回ご依頼いただいた墓石引越し工事の特徴

 

・耐震施工

以前も耐震ボンドが使っていたので、地震に強い墓石にしたいのは、

お客様も当店も同じ気持ちです。

現在には、耐震ボンドよりも、さらに良い商品が出ているので、お客様にご説明し、

当店が加盟している「絆」工法を使うことにしました。

詳しくは下記をご覧ください。

滋賀県東近江市唯一。墓石の地震対策「絆」の登録石材店となりました。東日本大震災等でも力を発揮しました。

 

・巻石を新調

以前の墓地は、もともと区画(巻石)ができていたので、墓石本体だけを建てるだけでよかったのですが、

今回の墓地は、9割の方が、巻石を設けて、墓石を建てておられるため、

まわりに合わせようと、巻石をご注文いただきました。ありがとうございます。

まわりとの調和を考え、まわりとよく似た巻石を選ばれました。

当店の提案として、形のベースは同じで、少しアクセントを加えた設計でご提案し、

「よし、これでいこう!」と決めていただきました。ありがとうございます。

 

・区画の大きさが以前の2/3に!お墓の断捨離を決行!!

区画の面積が小さくなったので、あったもの全てを使うことはできません。

お墓の断捨離を決行しました。

 

引き揚げてきたものリスト

・墓石本体

・塔婆立

・玉砂利

・拝石(踏石)

 

墓石本体と塔婆立は、仏教のお墓であれば必ず必要なものです。

となると、玉砂利と拝石です。

玉砂利の再利用も可能ですが、今回は使いません。

面積が小さくなるので、引き揚げてきた玉砂利は粒が大きく、引っ越し先の区画には不向きです。

拝石も勿体ないですが、大きさの都合上、使いません。

新調した巻石が、新たな踏石として頑張ってくれます。

 

引越し施工後



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喜んでいただけて、当店としても嬉しい限りです。

また、引っ越しの手続きのアドバイス等もさせていただきました。

お客様にとってお墓のことは、普段かかわることが少ない事柄です。

不安があって当然です。その不安を少しでも解消できるように、

アドバイスさせていただきます。

宜しくお願い致します。

 

 





aストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090