.

正しい墓石の知識、情報を提供する「お墓ディレクター」。滋賀県や東近江市の資格取得者数は?

一生に一度あるかないかの買い物。墓石。

そのため、お客様には知識がなく、不安だらけ。

「石材店の言うことを信じるしかない・・・。」

しかし、石材店によって言うことが違う・・・。

ネットで調べても、ちんぷんかんぷん・・・。やはりネットと石材店とで言うことが違う・・・。

お客様はとても不安だと思います。

しかし、その不安を解消するのが、「お墓ディレクター」です。

当店もお墓ディレクターを取得しています。(HPの事業所概要をご覧ください。)

では、お墓ディレクターがどのような資格なのか見ていきましょう。

 

「お墓ディレクター」とは。

一般社団法人日本石材産業協会が認定する資格で、

お墓に関する幅広い知識と教養を兼ね備えた人です。

お墓ディレクターには、1級と2級があり、日本石材産業協会が

主催するお墓ディレクター検定試験に合格する事で取得

することが出来ます。

検定試験では、お墓の種類や形状、歴史や文化、石材の

種類や加工法、墓地、埋葬に関する法律、供養に関する

知識などで、お墓に関する幅広い知識が問われます。

※日本石材産業協会は、日本全国の石材店や石材関連業者で組織された

石材業界最大の全国組織の団体です。

石とお墓に関する全ての「安心」をお届けすることで、

社会に貢献していこうと考えている団体です。

 

国家検定である「石材施工技能士」とは何が違うの?

石材施工技能士は、石材に対する加工や施工技術を認定する資格です。

いわば、石材の加工施工のプロである証しです。

試験は、筆記試験だけでなく、加工施工技術の実施試験があり、

両方をクリアしないと合格することが出来ません。

国家資格ですので、審査も厳正で厳しいものとなっています。

お墓ディレクターは、上記のように、お墓の幅広い知識情報を

兼ね備えた資格です。

お墓を建てるには、石材を加工施工する技術だけ必要なのではありません。

日本には多くの宗教宗派があり、それに合うようにお墓を建てる必要があります。

また、地域によっても先祖の祀り方が異なります。

そのようなことを知ったうえで、お客様に的確なアドバイスをする必要があります。

お墓のことはよく知らないお客様。どうしても石材店のアドバイスを信じてしまいます。

しかしその石材店の知識が間違っていたらどうでしょう?

実際にそのような石材店もあるのです。もちろんしっかりとした知識を持った石材店もたくさんあります。

その安心した知識者を見える化したのが、「お墓ディレクター」ということです。

 

滋賀県や東近江市のお墓ディレクター資格取得者数は?

2018年現在、全国には、5163人のお墓ディレクターがいます。

そのうち、滋賀県には35人のお墓ディレクターがいます。

そのうち、2級が27人、1級が8人となっています。

東近江市だけの人数はプライバシーの関係上不明ですが、

数少ない在籍者数だと思われます。

 

 

一生に一度といわれる「お墓づくり」を絶対に後悔させたくない。

お墓に関する正しい知識・情報をお客様に提供するのが、

「お墓ディレクター」です。

お墓のプロフェッショナル、お墓ディレクターが、あなたの

疑問や不安にきちんとお答えし、安心して満足のいく、

お墓づくりのお手伝いをさせていただきます。

 




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090