.

世界を見渡すと、火葬は珍しい?

葬送の方法は、世界各地で異なることをご存知ですか?

日本では、人が亡くなると火葬しますが、

欧米では、キリスト教徒も多く、死後の復活の思想により、

遺体を焼くと復活ができないと考えられていることもあり、

土葬の方が多い国も見受けられます。

一方、イギリスでは、ほとんどがキリスト教ですが、

土葬するだけの広い土地が不足しているため、

土葬ではなく火葬が多くなっています。

儒教を信仰する中国や韓国の場合は、

「火葬は、親の体を焼いてしまう重大な親不孝」という考えから、土葬が主流でした。

しかし、中国は人口が多く、韓国は墓地が不足していることから、

火葬を行う人が増えており、現在は火葬と土葬の比率は、ほぼ半々と言われています。




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090