.

滋賀県日野町の地域墓地にて。玉砂利が少なくなった。年忌があるのでそれまでに元通りにしてほしい。アドバイス後このような仕上りに!

先代からお付き合いのお客様。ありがとうございます。

長い年月をかけて、敷地内の砂利が少なくなったとのこと。

年忌法要がもうすぐ勤まるので、墓地をちゃんとしておきたいとのこと。

作業前





ただ砂利を入れるだけではいけません。

石材店ならではの気をつけるポイント

1、草をむしる。

このお客様の区画内は、砂利の下は土なので、砂利を撒く前にしっかりと

草をむしっておく必要があります。

また、ただ草をとるのではなく、根っこからしっかりと除去します。

そうしておかないと後々草を除去するのがたいへんになります。

2、新しい玉砂利をきれいに撒けるように余分な砂利を除去する。

施工前の状況では、新しい玉砂利を撒くには、撒く厚みが薄いため、

余分な砂利をとる必要があります。十分な厚みを確保することで、

玉砂利の底(土の部分)が見えず、きれいに仕上げることができます。

 

当店からのアドバイス

前と同じ砂利(茶色い細かな砂利)を継ぎ足してほしいとのことでしたが、

目減りの原因(除草時に土と砂利と草が一緒に採れるため等)をご説明し、

今の主流などをお話しすると、黒の玉砂利に変更することになりました。

砂利の粒は大きくなりますが、その分草の除去は容易になり、

また砂利の上に出てきた土も簡単に見えなくすることができます。

アドバイス後の変更点

今まで通りの砂利(茶色い細かな砂利)から、黒の玉砂利(粒の大きさ約10㎜)に変更。

 

作業後





ポイントをおさえたことで、囲いの高さと同じ

ちょうど良い高さできれいに(底が見えずに)仕上げることができました。

また玉砂利が黒になったので、シックに締まった墓所となりました。

お客様も、

「ありがとう。安心して法要を行うことができます。」

とおっしゃってくれました。

こちらこそ、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

お墓のリフォームをお考えの方はこちらのページをご覧ください。

ストーンメーソン真のリフォーム

 

 

 

 

 




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090