.

「お墓を元通りに直してほしい。」石材店はただ直すのではなく、先のことを考えて修復します。

昭和後期に建てられたお墓。



この頃のお墓は、磨いてつるっとした墓石が主流となっています。

施工の方法は、セメントを水で溶いたノロ付の工法がほとんどです。

石の見えない小さな穴にセメントが浸透し、そのおかげで僅かに接着しています。

※その接着能力は、ハンマーで叩けば簡単にはずれてしまうくらいの接着能力です。

上のお墓は、経年劣化で自然に接着が剥がれてしまったケースです。

こういう事例は日本全国あると思います。

 

セメントで固めてるのに自然に剥がれるの?どうして?

先ほどにも書かせていただいたように、石材の見えない小さな穴にセメントが入るため、

わずかな接着能力が出ています。

しかし、ハンマーで叩けば簡単にはずれます。施工が新しくても同じです。

では、接着能力が弱くても固めているのに、何故自然に剥がれるのでしょうか?

それは年月が経ち、セメントの内部や隙間に水が浸入し、

凍てなどの水の膨張により、自然に剥がれるのです。

自然に剥がれる理由は、他にもあると思います。

地震や気温、セメントの量も影響していると思います。

 

昭和後期のノロ付の墓石は、このような理由で、

上のようなお困り事が発生します。

安全性を考えて、外れた部材を安定したところに置いてしまうと、

ノロで接着した痕がはっきりと出てしまいます。

これではみとみなく、恥ずかしいおもいをされるのです。

 

自分で直すことはできる?

たまに自分で直された形跡を目にします。

ホームセンターで強力なボンドを購入して、

石を接着されていますが、私たちが直す時に、形跡は発見するくらいなので、

しっかりと直せていないというのが現状です。

理由は様々です。ボンドの使い方が間違っていたり、

ボンドの種類が違ったり。

 

結論として短期間的には直すことができますが、それをどう考えるかだと思います。

外れたらまたボンドでつけるというのもおすすめできません。

前のボンドをしっかり処理しないと、見栄えも悪くなりますし、

接着能力も半減します。

大切なお墓、皆さんはどのように直したいですか。

 

ちゃんとした石材店は、先のことを考えて修復します。

石材店ならばプロならば、しっかりと直さなければなりません。

今後、簡単に外れないように直すのが石材店の仕事です。

現代に合った工法で直していきます。

耐震ボンドを使います。

耐震ボンドを使うだけで、ほぼほぼ外れないのですが、

水の力(自然の力)はあなどれません。

接着面に水がまわらないように、しっかりと目地をします。

目地とは、石と石の接合部の間をノロやシーリングで詰めることです。

そのようにして、接着面に水がまわらないようにします。

 

別の写真ですがご参考に。

下の写真、目地が出来ていません。石と石の接合部に隙間ができています。



シーリングで接合部の間を詰めて、隙間に水がまわらないようにしました。これが目地です。



このようにちゃんとした石材店は、今後のことを考えて作業します。

※一般の方が目地をできるのか?なかなか難しいのではないでしょうか。

きれいに余分なシーリングをふき取れないと思います。

そのため、見栄えが悪くなってしまいます。

見たらよくわかり目立ちます。あとから後悔されることがよくあります。

 

施工完了後



今回は、香炉(家紋の入った部材)と花立を接着し直しました。

元の位置に戻すので、何がどう違っているかわからないと思いますが、

上記の説明のように、作業しております。

また、今回はプチリフォームということで、

玉砂利を新しいものに交換させていただきました。

玉砂利を変えるだけで、きれいさは格段に上がります。

また、ローソク立を防風型に交換。

「これで火が風で消えなくなるわ。」と喜んでいただきました。

 

ありがとうございました。

お墓でのお困り事がございましたら、何なりとご相談ください。

墓石リフォームのページはこちら。

お問い合わせはこちら。

 

 




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090