.

滋賀県東近江市の地福寺にて、墓石建立工事。お客様の要望で芯棒を使った耐震施工でご納得いただきました。

地福寺は能登川地区にある山裾にあり、

お寺の境内自体は平地ですが、緑がいっぱいの情緒あるお寺様です。

その境内墓地にて墓石建立工事をさせていただきました。

ありがとうございます。

 

まずは施工前。



いつも通り基礎工事は、しっかり掘り下げ、栗石や砕石を使って地盤改良をします。

そのあと、鉄筋入りの生コンを打設して、墓石の重量に耐えられるようにします。

 

基礎工事完了後の写真です。



これから石材を据付けていきます。

いつも通り、耐震ボンド、耐震金具を使って据付けていき、

墓石が簡単に倒れないようにしていきます。

 

当店では、基本的に、墓石の芯となる部分は、加盟店登録をしている耐震工法「不倒」を使用し、

一般的な工事より、より強い工法を採用しているのですが、

お客様のこだわりや要望により、ときおり工事の内容を変更するときがあります。

今回の耐震工法は、金属の芯棒を使った工法です。

金属は、錆びないステンレスのものを使用し、墓石の重量に負けないように、

20㎜丸のものを使用しました。

また、芯棒とボンドの接着を良くするために、ネジの切った芯棒を採用しています。



このように上記の芯棒を使い、墓石の芯となる部分を、

しっかりと接合していきます。

芯棒を使った工法も使う素材や、太さによって、お墓の丈夫さが変わるので、

注意が必要です。ただ単に芯棒を入れたらよいというわけではないのです。

 

このように完成しました。

外見は勿論変わりません。





お墓は家を守る大事なものです。

大黒柱のように、どっしりと安定していなければなりません。

こちらのお墓も、芯棒のおかげで、安定し、

また、昔ながらの土台に大きな石を使う、どっしりとしたお墓ができました。

末永く家を守ってくれると思っています。

ありがとうございました。

 

 

記:石井 眞澄

 

 




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090