.

滋賀県東近江市周辺の方が納骨堂、永代供養墓では満足できない理由。

最近は、墓石の多様化が進み、納骨堂や永代供養墓に

御骨を納められるという事例が見受けられるようになりました。

各メディアでも、納骨堂や永代供養墓を取り上げられるため、一般の方に関心がめばえます。

それは、都市部の納骨堂や永代供養墓に何らかのメリットがあるからです。

納骨堂、永代供養墓のメリットをあげてみたいと思います

 

都市部における納骨堂、永代供養墓のメリット、デメリット

1.費用が抑えられる。

簡単にいうと、集合住宅のようなものなので、お墓を建てるよりは費用が抑えられる。

2.立地が良い

都市部の納骨堂、永代供養墓は立地が良いところがあります。

3.天候に左右されずにお参りができる

都市部の納骨堂、永代供養墓は室内形式であるものがあるため、いつも変わらない条件でお参りできます。

4.掃除や墓石の手入れが不要

室内形式のため、汚れることがありません。

5.改葬がしやすい

室内のロッカー式であることが多いので、容易に改葬ができます。

※合葬式の場合は、改葬ができません。

6.お墓に埋葬することもできる

ロッカー式の納骨堂の場合は、一般的なお墓を建てたいと思った時は、

改葬先としてお墓に埋葬することもできます。

 

ただこのようなデメリットがあります。

1.線香が手向けられない

室内施設なので、安全面を考慮して、線香が手向けられません。

また、お供物なども捧げられるところとそうでないところがあります。

2.参拝所が共同の場合がある

お墓のように個々に参拝できる施設があるわけではないので、

申込者が共同で使う参拝所であるケースが多いです。

3.お墓参りシーズンは混み合う

外にあるお墓と比べて、スペースは小さいものとなっています。

お墓参りシーズンは大変混み合います。参拝に並ぶことがあったり、

ゆっくりと会話しながら拝みたい方にはデメリットとなります。

4.無機質な雰囲気がある

利便性を追求した作りとなっていることが多いです。

よって、形や無機質な雰囲気から物足りなさを感じている方がおられます。

 

 

 

都市部では、このメリットがこの世の中に当てはまり、需要があります。

ただ、地方である滋賀県東近江市周辺には、

このメリットが当てはまってこないのです。

なぜか?

1.都市部に比べると、滋賀県ではお墓を建てるのに都市部ほどの費用がかからない場合が多い。

2.立地条件の良い納骨堂、永代供養墓が滋賀県にはほとんどない。

駅の近くにはない。またこのような施設がまだまだ普及していない(少ない)。

東近江市周辺にはほどんどない。車で1時間近くかかるため、利便性は悪い。

3.室内形式の納骨堂等は、東近江市周辺にはない。天候に左右される。

4.室外の納骨堂や永代供養墓のため、外のお墓と同じようにお手入れが必要。

 

 

 

上記の理由から、滋賀県東近江市周辺では、納骨堂や永代供養墓のメリットが出ていないのが実状です。

申込みの費用は、抑えられたが、

お墓参りが遠くてたいへん。お参りに行きにくい。

みんなと共同のお墓だから、大切な故人、仏様を感じられない。

線香などの規制が多くて、お参りした気分になれない。

などの、後悔の声も業界内の情報として耳にします。

 

心がスッとするお墓参りをしましょう。

 

 

記:石井 眞澄

 

 

 




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090