.

「ローソク立が壊れて使えない・・・。」を解決!!原因をつきとめて、少しでも丈夫になるようにしました。

昨年、戒名(浄土真宗では法名)彫りのご依頼をきっかけに

ご縁をいただいたお客様です。ありがとうございます。

お客様「母が亡くなりましたので、また法名彫りをお願いします。」

お客様「ローソク立がとれてしまって、使えないんです。それも修理してほしいです。」

このようなご依頼をいただきました。

 

お客様の家のお墓を見てみると、こんな感じでした。



ボンド施工でしたが、はずれていました。

ローソク立本体には、ボンドがしっかりついていて、石との接着がはずれている状態です。

これの原因はいくつかあります。

・石の接着面が、ほこり等で汚れて、接着効果があまりなかった。

・ボンドと石の隙間に水がまわり、凍結等が原因で、接着がはずれた。

・使い方等で、大きな力が加わった。

 

今回は、おそらく水がまわり、接着がはがれたように思われます。

大きな力が加わることはなかなか考えられませんし、ほこり等が原因なら、

もっと早い段階で、はずれていると思います。

 

もう片方のローソク立もはずれていたうえに、ローソクをさす芯棒が無くなっていたので、

ローソク立自体の交換となりました。

 

今度は、水がまわらないように、(ボンドが少し見えてしまいますが。)ボンドを多めに使い対策しました。



ホコリもしっかり落として接着しましたので、ほこり対策も万全です。

あとは、「長くもってくれよー!」と願うのみです。

※写真はありませんが、法名彫りもちゃんと出来上がりました。

 

墓石は外にあるので、紫外線等いろんな原因で傷むことがあります。

困ったが発生したら、石材店にご相談ください。

※場合によると、お墓を傷めてしまうことにつながりますので。

 

 

記:石井 眞澄

 




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090