.

滋賀県東近江市(能登川地区)の墓地にて。納骨法要を機に「墓誌」建立。ご先祖様との繋がりがわかりやすいお墓になりました。

先祖代々守られてきたD家のお墓。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長年、定期的にお参りされ、守ってこられましたが、

今回の納骨法要を機に、亡くなられた方の法名を残せるようにしたいとのご依頼でした。

法名碑(墓誌、法名板、他宗派では霊標、戒名板といいます。)の新設をさせていただきました。

 

お墓参りに行って、大切な方のお名前が彫刻してあるということ。

とても大事なことだと思います。

名前が彫ってあるから、より身近に感じられる。近くに感じられる。

お客様もこのような想いから、ご依頼を思いたたれたようです。

また、ご先祖様の名前も彫ってあることで、自分のルーツがわかり、

今の自分の存在への感謝、ご縁のありがたさなどを感じることができます。

 

お墓参りによって、家族の絆が深まる日本人の良い文化なのですが、

この墓誌があることによって、さらに家族の絆が深まるように思います。

大人と子供の会話が自然と生まれるからです。

子「この人だれ??」

親「この人はおじいちゃんやで。」

子「仏壇とこにある写真の人?」

親「そやで。生まれてくるの楽しみにしてはったんやで。」







などと会話は続いていきます。

その他、いろんな会話が生まれると思います。

墓誌って、けっこう重要な働きをしているものなんですよ!!

 

仕上がりはこうなりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

従来のものより、倒れにくい挟み込み式の墓誌を建立させていただきました。

基礎と石をステンレス製の芯棒でつないであるので、倒れにくくなっています。

左端に少し写っているのが従来型。

最近建てられたものは、倒れにくいように対策がとられているものもありますが、

墓誌は、基本倒れやすいものなので、みなさんお気をつけ下さい。

(※墓誌は、追加で彫刻する必要があるため、取り外しできるようになっています。

固定してしまうと、追加彫刻する時に石を傷めてしまう可能性があるからです。)

 

この機会に、玉砂利も新しいものに替えられて、お墓本体の字も読みやすいように、

白色をきれいに入れさせていただきました。

 

これからもまた、気持ちよくお墓参りしていただけると思います。

ありがとうございました。

 

 

記:石井 眞澄




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090