.

東近江市(旧永源寺地区)墓石撤去工事。仏様も引越しをされます。

交通の便が良くなった現代。

故郷を離れて移住することが多くなった現代。お墓もそのニーズに合わしての仕事があります。

お墓の引越しです。

お墓参りに行きたくても、故郷が遠くてお参りできない、

亡くなられた故人、ご先祖様、仏様を大切にされている方は、お墓の引越しを選択されます。

お墓の引越しには、大まかに2種類あります。

①今あるお墓をそのまま引越し(家に例えると曳家。)

②新天地で新しいお墓を設けて、故郷のお墓は撤去。(いわゆる引越し。)

当店のHPでも紹介しています。

https://mason-makoto.com/content_14

 

今回は②の場合の撤去工事。

施工前。

PA052017

施工後。

PA052019

 

墓地と通路の境目がはっきりするように山土を敷き詰め、区画割をはっきりしました。

仕上げの仕方は、色々あります。

 

処分となる墓石の行方はどのようになるか、ご存知ですか?

当店では3パターンあります。

①仏石(棹石ともいう)は、無縁となるお墓の塚(無縁塚:石材組合管理)に納め奉納する。台石等はリサイクル。

(当店は基本的には、①をお勧めしています。)

②仏石は、無縁塚(業者管理)に一定期間納め、その後、仏石、台石等はリサイクル。

③墓石一式リサイクル。

リサイクルとは、墓石を細かく粉砕し、砕石となります。

どのような方法をとられるかは、お客様それぞれです。

何が良い悪いはないと思います。それぞれに対して、しっかりとご説明いたします。ご安心ください。

 

このような処分の仕方も業者さんによって様々です。

石材業界では、このような問題が起こっています。

m_1406724748739

不法投棄です。ほとんどの石材店は、産業廃棄物収集運搬業に処理を任せます。

産業廃棄物収集運搬業の許可を持たない業者(価格が安い)に、不要墓石を搬入して、結果、

不法投棄となった事案など、墓石の不法投棄が問題となっています。

当店は滋賀県石材組合連合会青年部に所属し、このようなことにならないように、当店も適正な処理を行うようにしています。

当店では、②③の場合、①の仏石以外は、産業廃棄物収集運搬業許可を取得している業者、かつ、廃棄物管理士を取得している業者に、

お引取りしました不要墓石の処理(砕石としてリサイクル)をお願いしています。

産業廃棄物管理票(マニフェスト)も作成し適正に処理しています。ご安心ください。

 

 

記:石井眞澄




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090