.

滋賀県東近江市の地域墓地、代々大切にされていたお墓に耐震工事を行いました。さらに末永く家を守る墓石となりました。

先代の時に墓石を建立させていただいたT家のお墓。

花を生ける花立がグラグラするとのこと。

約30年前に建てさせていただいたお墓の施工方法というと、

ノロ(セメントを水で溶いたもの)で据付けていくという方法が、業界的に主流でした。

先代ももちろんその方法で据付けておりました。

ノロでの施工ですが、しっかりとついているように思われますが、

セメントには、実は接着能力はないので、少しショックを与えるとすぐに外れてしまいます。

T様の墓石もノロ施工でした。長年の使用により、花立が外れていました。

 

今回の納骨の際に、

・花立をしっかりとつけること。

・墓石をきれいにしてほしいということ。

・風で消えないローソク立てにしたい。

・今後の地震に備えて、しっかりとした地震対策をしたい。

というご依頼をいただきました。ありがとうございます。

 

耐震施工となると、墓石を一度、ばらさないといけません。

お墓の傾きを調べると、なんと、傾きはなし!!さすがは先代。

墓石のばらしも最小限で、行えました。T様も一安心です。

 

施工前

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

石と石との接着面は、どうしても水が溜まり、汚れてしまいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

耐震工事の為、墓石をばらすので、機械を使って、きれいに汚れを落とすことが出来ます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

耐震工事に関しては、今回は耐震ボンドを使いました。

耐震ボンドも使用方法があります。正しく使わないと接着能力が出ません。ご注意ください。

※ノロ施工では、震度5強で倒れる可能性があります。それより弱い地震でも、墓石がずれている可能性があります。

今まで以上に強い墓石となりました!!

 

工事終了

KIMG0509 KIMG0510KIMG0518

ローソク立も、防風型のものを取り付け、簡単に風で消えないようになりました。

接着面の汚れはしっかりと取れています。

玉砂利も交換したので、見違えるきれいさになりました。

 

地震の多い日本。

被災した経験によって、地震対策は年々、皆さん興味を持たれています。

お墓で困ったことが出てきた際に、地震対策も一度ご検討ください。




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090