.

犬上郡 家族全員が携わったお墓-実例-

犬上郡 家族全員が携わったお墓の設立の流れ

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA掘削後、栗石敷き詰め。

今回の区画は、2700㎜×2700㎜という大きな区画です。

ユンボを使い、約30センチ掘り下げ、地盤強化のため、栗石を敷き詰めます。

目の細かい砕石も入れ、ランマーを使って、地盤を締固めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA耐震ボンドを使用。

石と石との接合部には、耐震ボンドを使用し、固定します。

石材専用のボンドですので、ボンドによる変色も防ぐことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA耐震金具を使用。

石材専用ボンドの他に、耐震金具も使い補強します。

当店では、20センチ以上の高さのある巻石(囲い)には、上下に2つ金具を使い、

石がずれるのを防ぎます。

ステンレス製の金具ですので、錆びることがなく、丈夫です。

また錆びないので、錆びによる石の変色も防ぐことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA配筋。

巻石(囲い)の中も、栗石、砕石を入れ、地盤を強化します。

コンクリートの割れを防ぐために、鉄筋を入れます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA生コン打設。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA石棺(納骨室)。

お墓の一番大切な場所、納骨室には、臨済宗のお墓ですので、円相(〇)を彫刻しました。

円相とは、「完全なさとりの境地」を現したもので、さとりを開いた人、つまり、仏になる(成仏)ことを意味しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA不倒を使い施工。

地震に強いお墓にするために、耐震工法「不倒」を使い墓石を建立しました。




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090