.

日野町大窪 花彫刻が彫られた洋墓-実例-

日野町大窪 花彫刻が彫られた洋墓の設立の流れ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA工事前。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA掘削。

基礎工事のため、約30㎝掘りました。日本石材産業協会のテキストと

先代の工法を大事にして、工事を進めています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA地盤強化。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA地盤強化。

地盤強化のため、栗石(12㎝くらいの大きさ)と砕石を入れて、地盤を強化します。

硬い石を土の代わりに入れることにより、強度を高めます。

さらに、ランマーを使い、栗石と砕石を突き固めることにより、さらに強度を高めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA配筋し、生コン打設。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA耐震ボンドを使用。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA耐震金具を使用。

巻石の接合部は、耐震ボンドと耐震金具を両方使い、接合部のはがれを防ぎます。

耐震ボンドは、石に影響の少ないものを使用したり、

耐震金具も、錆びないようにステンレス製のものを使用して、

こだわりをもって消耗品を選んでおります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA生コン打設。

巻石の中も、基礎工事と同じ工法で、生コンを打設しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA不倒を使用。

お墓本体は、耐震ボンドより強い「不倒」という工法を使い、工事しました。

日本石材産協協会主催の耐震実験震度7をクリアした工法です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA納骨所内。

納骨所の中には、「倶会一処」と彫刻しました。

極楽浄土で、ご先祖様や親しい人たちに会えるという意味合いです。

納骨所は、お墓の中で一番大切なところです。

納骨の際に、仏様にとっても、私たちにとっても、ほっとできる

お言葉を、見える位置に彫刻しました。




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090