.

東近江市五個荘川並町 伝統的な和墓とも馴染む洋墓-実例-

東近江市五個荘川並町 伝統的な和墓とも馴染む洋墓の設立の流れ

現場はこちらです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山の斜面を生かした墓地です。その一番上の区画で工事です。

道を作ったり、石材専用の運搬車を使い、何とかして工事を進めさせていただきました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

基礎工事のため、約30㎝掘削し、やわらかい土を除去します。

大き目の栗石、砕石を入れ、地盤を強化します。

日本石材産業協会のテキストにも掲載されているやり方です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAランマーにて強化した地盤をさらにつき固めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA生コンを打設する際には、鉄筋を組みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

約10~15㎝生コンを打設します。鉄筋入りなので、より強くなります。

 

外柵据付部

KIMG0372石と石との接合には、耐震金具を使い、継ぎ目が開くのを防ぎます。

KIMG0373さらに、耐震用ボンドも使用し、ダブルで固定します。

 

墓石本体部

OLYMPUS DIGITAL CAMERA墓石の小物類(花立など)は耐震用ボンドで固定します。

KIMG0393お墓本体は、ボンドより強い「不倒」を使い、据付ます。

「不倒」について、詳しくはこちらをご覧ください。

当店HP内の耐震情報。

「不倒」HP




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090