.

栗東市 花彫刻の入ったキリスト教のお墓-実例-

栗東市 花彫刻の入ったキリスト教のお墓の設立の流れ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA掘削作業

当店では、基本的に約30センチ掘り、基礎工事をしています。掘る深さは各石材店さまざまです。

なぜ当店は30㎝掘るかというと、石材業界の全国組織のテキストにそって施工していることと、

先代の時からそのようにしていたからです。30㎝掘って柔らかい土であれば、

さらに対策をいたします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA石棺据付

OLYMPUS DIGITAL CAMERA12~15㎝の栗石敷き詰め作業

OLYMPUS DIGITAL CAMERAさらに砕石を入れ、転圧

お墓の一番大切な場所となる石棺(納骨室)を据付、そのまわり、ようは、

重量物であるお墓が乗る部分に12~15㎝ぐらいの栗石を敷き詰めます。

また、砕石を入れ栗石の隙間等を埋めていきます。

つぎにランマー(転圧する機械)で、突き固めて、地盤を強くします。

重量物であるお墓が傾きにくくするためです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA配筋

OLYMPUS DIGITAL CAMERAコンクリート打設

家と同じように鉄筋入りのコンクリートを打設します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA耐震ボンドを使用

石の接着面には、耐震ボンドを使用します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA墓石本体には「不倒」を使用

重要となるお墓本体には、耐震工法である「不倒」にて施工しました。

大手化学メーカーと大手建設会社が共同開発された工法で、ビル建設等に使われております。

全国組織の耐震実験では、震度7に耐えた工法です。

 




ストーンメーソン真
滋賀県東近江市垣見町734
TEL:0748-34-3090